プリューシュは1歳5カ月になりました!

猫が口を開けるタイミングとは?【口臭チェックに】

昨日は、日頃から行っている猫の健康チェックについての記事を書きました。

横たわるラグドール。ラグドールの特徴は青い眼である。猫の健康チェックをする ~日頃チェックしている項目について~

こちらの記事内にて、「口を開けたタイミングで口臭をチェックする」と書きました。

今回は、猫が口を開ける時のタイミングの見方について書き記したいと思います。

タイミングを計る事の重要性について

健康チェックを行う際には、猫の口を開ける必要があります。しかし、これは難しい…。口周りを触るだけではなく、「口を開けさせる」のですから。

上手くいけばいいけれど、口を開けさせるどころか噛まれるだけ、なんて事もあるでしょう。

では、噛まれない為にはどうしたら良いのか。要は、健康チェックの為に口の中を確認出来れば良いのです。つまり、猫本人が自発的に口を開けている時に、チェック出来たらそれで済むという事。飼い主さんが口を開けさせないといけない…訳では無いのです。

となると、飼い主さん側がしないといけないのは、「猫の口が開くタイミングを計る」事です。

猫が口を開けている間なんて一瞬ですが、この瞬間を逃してはなりません。という訳で、猫の微細な表情から、その貴重な一瞬を掴める様になりましょう。

猫が口を開ける時の前触れを表情から見る

健康チェックの記事では、「口を開けた時を狙って、口臭チェックをしている」と書きました。では、プリューシュが口を開けるタイミングとは、どういった瞬間なのでしょうか。

大体は眠たい時…、つまり、「あくびをするタイミングが口を開けるタイミング」ですね。細かく画像で見ていきましょう。

猫が口を開ける時の前触れ。口をすぼめている。

目を細めて、口をすぼめています。この状態なら、まだ口を開けずにモゾモゾしているだけの時もあります。

猫が口を開ける時の前触れ。先程よりも鼻の下が伸びている。

先程の写真と殆ど同じに見えますが、もっと口をすぼめて前に突き出しているのが分かりますか?顎も床板から少し浮いているのが見えますね。先程よりも確実に「口を開けそうな状態」です。

さて、この表情になったら…。

猫が口を開ける時の前触れ。欠伸を開始している。

この通り、あくびを始めました!こういう時を狙って、口臭などのチェックをします。

相手の表情を見て、こういった「ちょっとしたタイミング」が掴める様になると、猫の飼育は格段に楽になりますよ。

余談:猫の表情を理解する様になるまで

私は今まで猫と生活をしていた事が無かったので、犬ほどには馴染みがありませんでした。それ故、猫の表情が全くと言っていいほど分からない。

それでも、分からないなりに見ていれば、それなりに察しも付きますが「何となく」でしか分かりませんでした。「(多分)怒っているんだろう」とか、「(おそらく)機嫌が良いんだろう」とか。フワ~ッとした感じ。

ですが、プリューシュと暮らしているうちに、「あ、もしかして、これは…。」と分かる様になったのです。

これは、猫を飼う事によって、長く観察出来る様になったから分かる様になったんだろうと思います。

また、他の理由もあります。猫(プリューシュ)と一緒に生活をして、猫自身が初めて見せてくれる部分があるから「猫ってこういう生き物なんだ!」と知る事が出来た。こればっかりは、同じ空気を吸う生活をしないと分からない事でした。

最初はあんまりよく分からなかった猫の表情でしたが、今では少し分かる様になりました。

最後に

ひっくり返ったまま飼い主を見る猫。飼い主の動向を探っている眼をしている。

猫の口を開けさせて中を見るというのは、ハッキリ言って猫飼い初心者にはハードルが高いです。大人しくしてくれる猫ばかりなら良いのですが、そんな理想的な猫ばかりではない………。大概は嫌がられて噛まれてお終いなのではないかと思います。

(薬を飲ませる時の為など)口を開けさせる方法はありますが、健康チェックの為とはいえ、中々出来ないという方も多いのではないでしょうか。

出来るだけ手間をかけず、相手にも負担をかけず、簡単に済ます。これから先も、この理想を叶えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です