プリューシュは1歳9ヶ月になりました!

「猫は冬に太るのか?」について

眠るラグドール

寒さが身体に沁みる冬、お家でぬくぬく過ごしたいものです。しかし、「お家でまったり」していると、代謝は鈍り、太っていく…。大体そんな風にして人間は冬になると太っていくものですが、猫はどうでしょうか。太る?それとも…???

今回は、「猫は冬に太るのか?」について記事にしたいと思います。

何故、猫は冬に太るのか

猫が冬に太ってしまうのは、「冬の気温に耐える為には、身体を脂肪で守らなくてはならない!」という本能が、身体を太らせやすくしているからです。分かりやすくいうと、「太っている方が寒くない」…。つまり、本能がデブらせているって事なんですね(!)

加えて、快適な気温の時よりも身体を動かす機会が減り、消費カロリーが減って、一層太りやすくなる…というのが理由。

外を見るプリューシュ

プリューシュ「…外か………。」

眼を細めて外を見るプリューシュ

プリューシュ「寒そう………(外への興味ゼロ)」

さて、ここで、もっともらしく「猫が冬に太る理由は~、云々…。」なんて書いていますが、難しく考える必要はありません。

何の事は無い、太る理由は人間も猫も一緒なんです。想像してみて下さい。人間も冬になると太りやすくなりますよね。外に出もせず、コタツにみかんでまったりな毎日…なんてしていたら、あっという間に太ります。生体メカニズムは同じです。

結論:プリューシュは冬に太らなかった

猫は冬になると太りやすくなると言われていますが、プリューシュは太りませんでした。安定の6.1kgです。

斜め横向きのプリューシュ。ラグドール・ブルーポイントミテッドの猫である。猫(ラグドール・オス)の体重推移表

プリューシュが太らなかった理由

ここからは、何故、プリューシュが冬太りしなかったのかについて、理由を述べていきたいと思います。

理由その1:キャットフードの量が一定だったから(=摂取カロリーが適切だったから)

プリューシュは毎日朝晩、「ロイヤルカナン ラグドール 2kg」を規定量だけあげています。ここで大事なのは、食べさせるキャットフードは「規定量だけ」という事。それ以下でも、それ以上でもなく、必要な量だけをあげています。

太る原因は「消費カロリー以上にカロリーを摂取しているから(=食べ過ぎているから)」なので、必要なカロリーだけをあげていれば太る事は無い…という事です。

理由その2:運動も程良くしていたから

それまでと変わらず、猫じゃらしを投げて取りに行くといった運動(?)もしていたので、太らなかったんだと思います。元々、ガッツリ運動するタイプでも無かったので、あんまり運動の増減は関係無い気もしますが…。

…いずれにせよ、冬が来る以前と変わらない運動量だった為、太らなかったという事の様です。

理由その3:寒さに当たっていなかったから

プリューシュは主にリビングで過ごしています。リビングでは、ストーブやエアコンといった暖房器具が殆ど一日中ついている為、プリューシュは冬の寒さに当たらなかった。つまり、「冬になったから太りなさい!」という本能スイッチが入っていなかったから…ではないかなと考えています。

最後に

横たわるラグドール

プリューシュ「冬はゴロゴロするに限るゥ~。」

冬になると動くのが億劫になり、家で過ごすうちに太っていく…。猫も人間もこの様にして太っていくのですね。プリューシュの健康・体重管理は上手くいっているのに、自分は………。

…スクワットでも、しようかな………。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です