プリューシュは1歳5カ月になりました!

【段ボール製・猫の秘密基地】手作り猫BOXを作ろう!

手作り猫BOX(段ボール製)から見上げているラグドール。

猫という生き物は狭い場所・身を隠せる場所が大好き。プリューシュもそうです。荷物が届いた後の段ボール箱には興味津々。隙あらば入ろうとします。

段ボール箱の中でかくれんぼしている猫。

こんな風に、中に隠れて遊ぶのも大好きです。

さて、そんなプリューシュですが、身体がどんどん大きくなったので、それまで使っていた箱では狭そう…。

猫が齧りついた段ボール箱。少々狭め。

ボロボロになり、手狭にもなった段ボール箱。

猫に使い古された段ボール箱。噛まれてボロボロになっている。

これはちょっと…、という訳で、段ボール箱を使って新しく「猫BOX」を作ろうと考えました。

作る前に理想の形を考える

作り始める前に、「どの様な猫BOXが良いのか?」について考えました。

  • 今まで使っていたものより大きいサイズにする
  • 段ボール箱の中から、外が見える除き窓を作る(←プリューシュが喜ぶかも?)
  • それまで使っていた箱の側面にある「取扱注意」の部分を切り取って次に活用したい

「大体こんな感じかなぁ?」っていうのが頭の中で出来上がったので、作成作業に移りたいと思います。

実際に猫BOXを作ってみる

…作ってみる、といっても簡単な事しか出来ません…。以下、超簡単な手順。

段ボール箱の屋根部分と覗き窓を作っている所。

新しい段ボール箱を持ってきて、屋根になる部分を開き、覗き窓になる部分を切ります。

箱の高さを確認している所。

高さの確認をしたら、屋根の部分を切って作り、ガムテープで補強。

入り口に猫のシールを貼って、猫BOXを飾っている所。

入り口部分を切り取り、猫のシールを貼ります(任意)

手作り猫BOXの側面を装飾している所。

旧猫BOXの側面に合った「取扱注意」を切り取って、ガムテープで張り付けます(任意)

中から外が見られる様になっているかの確認をしている所。

最後に、中から覗き窓を見て、外がちゃんと見られるかどうかの確認をします。

以上で手作り猫BOXが完成しました。

個人的に気に入っている所

自分で作っておいて恐縮ですが、この猫BOX、とても気に入っている所があります。それは、側面の「取扱注意」の所。わんぱくなプリューシュらしくて、ピッタリな気がする…。

手作り猫BOXの取扱注意とある側面。手作りならではの遊び心が表れています。

でも、言葉が通じるとしたら、こんな事プリューシュには言えないなァ~。絶対怒られちゃう…!

完成した手作り猫BOXをプレゼントする

プレゼントっていうのは、贈る時にいつもドキドキします。喜んでもらえるんだろうか…。

猫BOXの覗き窓からこちらを見る猫。

ただの杞憂でした(笑)

覗き窓から外を見る猫。様子をうかがっています。

やはり、覗き窓を作ったのは正解だったようですね。良い反応を示してくれています…!

猫BOXの入り口から外を窺う猫。

中に入って回転も出来るみたい。サイズも問題無さそう♪

箱の中から飛び出すかどうか迷っている猫。

キョロキョロ………。

箱の中から首を出して外を見る猫。

直ぐには出て来ない習性。

どうやら気に入ってもらえた様でした。あ~、良かった~!

後日談

「箱を縦にしてみたらどうだろう?」と思い立って、動かしてみたらこの通り。

段ボール箱に齧りつく猫の様子。

躊躇いなく、全力で噛んでる………。

段ボール箱を噛んで引き千切ろうとする猫。

猫の愛は猟奇的。

 

「ああああああ、不器用な私がそれでも頑張って作ったというのにぃぃい!ウワアアアアァァァ、千切れるぅぅぅ………!!!」とか一瞬思ったものの…、当の本人は喜んでくれているので何よりでした。どうしようもなくなったら作り直そう。うん。

猫BOX作成から1カ月後の後日談

猫BOXに走り込んで中に入る猫。避難場所にしている模様。

遊んでいる最中など、興奮状態にある場合は猫BOXに突っ込んでいく事もしばしば(たまに勢いがつき過ぎて「ドーーーン!」っていってる…。) プリューシュは遊び相手からの避難場所としても使っています。家の中でプリューシュが隠れる場所が少ないので、作って良かったと感じました。

猫を飼っている方で、もし興味が引かれて作ってみようかな?と思われた方がいらっしゃったら、是非、作ってあげて下さい。きっと、喜んでくれるだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です