プリューシュは1歳4カ月になりました!

猫のお風呂にシャンプー・リンスは必要か否か問題について

斜め上を見る猫の写真。何かを深く考えている様子。

長毛種の猫はお風呂に月1回程度入れる事を推奨されております。今の所、我が家では「大体2~3週に1回」お風呂に入れています。

猫のお風呂で問題になったのが、「シャンプー・リンスは必要なのか?」という事。使わずに済むならその方が良いかもしれないけど、やっぱり使った方が良いような…。

プリューシュのお風呂事情を振り返りながら、この議題について考えたいと思います。

お風呂に抵抗のある猫を慣らすだけで大変

お風呂に関しては「子供の頃からお風呂に慣らしていく方が絶対に良い筈」という思いを持っていました。これはやはり、最初から習慣にする方が後々、良い結果になるだろうと思ったからです。

そんな訳で、我が家にプリューシュを迎え入れてからは「大体2~3週に1回」という頻度を守りながら、お風呂に入れてきました。

ただ、お風呂に慣れるまでは大変でしたねぇ…(遠い目)

猫にお風呂を慣れさせている時の写真。首元を洗っている。

鳴くし、

猫にお風呂を慣れさせている時の写真。顎を洗っている。

暴れるし、

猫にお風呂を慣れさせている時の写真。胸元を洗われるプリューシュ。

逃げようとするしで…。

こっちはこっちで猫をお風呂に入れさせるのに慣れていないものですから、終わる頃にはヘトヘトです(それは今もかな?)

最初は「湯シャン」だけだった

では、最初から「シャンプー・リンスを使っていたのか?」というと、違います。水に慣れさせる事に精一杯で、「シャンプー・リンスをするほどの余裕が無かった」のです。

プリューシュがずっと緊張状態にあり、シャンプー・リンスという一手間をかけていると、体力・気力が持たない。それだけでなく、慣れるどころかお風呂自体を嫌悪するかも。

浴槽の中で洗われるプリューシュ。お風呂に慣れる練習中の写真。

プリューシュ「………(余計な気を遣うぐらいなら、お風呂自体やめてくれたらいいのに…!)」

お風呂上がりの毛の状態を見てみると、シャンプー・リンスを使っていない割には「お風呂に入っているだけ良い状態と言えるのかも?」と思える仕上がりでした。

シャンプーを使わないといけない程の汚れが残っているなら使うしかありませんが、ある程度清潔であるならば無理強いしない方が良さそう…。

そういった理由で、どうしても「シャンプー・リンス」を使う事に踏み込めないまま、湯シャンのみを続けていました。

シャンリンス(リンスインシャンプー)を使った経緯

猫用リンスインシャンプーの「シャンリンス」。商品を斜めから撮影した画像。

そんな状態でしたが、ある日転機が訪れます。ノワールさん繋がりでプリューシュの為にと、「ドギーマン シャンリンス」を頂きました。こちらはシャンプーとリンスが一緒になっており、1度で洗いが済むという画期的な商品です。

なんて有難い事なんだ!これは使うしか…。

実際に使用してみた感想

という訳で、シャンリンスを使ってみました。使う量は掌に大さじ1杯ぐらいかな?あまり厳密に量らず、大体で。プリューシュの身体にぬりぬりして、全体に伸ばしていきます。足や肛門周辺、あご下などは汚れやすいので、念入りに洗います。

泡立ちに関してですが、人間用と違って泡立ちは非常に少ないです。プリューシュは隙あらば逃げようとするので、流しやすいっていうのはとても良かった…!

流し終わったらタオルドライ後、猫壱の「おちつくネット」に入れてドライヤーで乾かします。乾かし終えた後はどの様な状態でしょうか。

まず、香りに関してなのですが、「いかにも!」っていう特有の香りがします。「あ、シャンプーしたんだな。」っていう感じの。この香りは好き嫌い分かれるかもしれないなぁ。個人的には「嫌とまではいかないけど、匂いがキツイ…。」と思いました(ただ、これは徐々に落ち着いてくるので、キツイと感じるのは最初だけ」という事は記述しておきます。)

肝心の毛の状態はというと、流石、専用商品だけあって、湯シャンの時とは違い、毛がサラッサラのフワッフワになっています!あと、毛同士の絡まりが少ない気がする…!

長毛種は毛が絡まりやすいと何かと困るので、これはとても良い結果になりました。

結論:猫のお風呂にシャンプー・リンスは使った方が良い

では、「猫のお風呂にシャンプー・リンスは必要か否か」について、答えを出しましょう。

結論を出し、こちらに目を向けるプリューシュの写真。

プリューシュ「答えは…必要!」

洗い上がり毛の状態が、湯シャンの時よりも断然良くなった為、我が家での答えは「必要」となりました。

最後に

猫用リンスインシャンプー 「シャンリンス」(拡大写真)。写真に写っている猫の顔が非常に不機嫌な表情をしている。

最後に一つ。こちらのシャンリンス、パッケージの猫の顔が素晴らしいと思いませんか。「嫌やったけど、お風呂入ったんやで………。」っていうこの顔!何故、この表情をしている写真を採用したのか…。仏頂面ではなく、可愛い表情をしてくれる猫なんていくらでもいるでしょうに。最高だよ!(笑)

あ、あと、写っている猫の猫種はラグドールなんじゃないかと思うので、なんか親近感が…。おそらく、無くなったらリピートすると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です